メインイメージ画像

積み立て方式と掛け捨て方式があります

Q.保険には、積み立て形式とかけずて保険の2つがあると考えます。今回、保険を契約したいと考えますが、どちらの方がよいのでしょうか。
A.一言でどちらが得とはいいずらいと思われるのですが保険にどれだけ要求するのかということに関係します。単に医療費が給付されればよいと決めるならば、かけずて方式が月々の払いは安くていいかもしれないです。かけずて保険の月々の保険料は、積み立て保険の代金の平均6割になるのです。
一定期間過ぎると特別ボーナスを希望する際には、積み立て保険をおすすめします。

なのですが、現在の利率はあまり高くなく、昔と同じ程度の戻し金は期待薄かもしれません。両方の利点、短所を考えて選択して下さい。

Q.僕たちは子供がまだ学生で非常に教育費が入り、保険料が経済的に厳しくなっています。今は、積み立て式の保険に加入していました。どんな感じで保険の再検討をしたらいいと考えますか。

  • 医療保険やがん保険の基礎知識、選び方- All About

  • A.まず、積みたて保険の金利を再調査してみましょう。90年代末に加入した保険の金率はよいので中途解約しないのが賢明だと考えます。
    ですが、それ以降の保険は利率が低い時も多いので、金銭的に困難な状況ならば保険を解約してかけ捨て保険に新たに契約するのも一つの方法でしょう。
    一方、加入中の保険に不必要な特約を契約していないですか。重度慢性疾患特約、年金特約などを、見直し、必要のない特約を破棄するのも保険料を安価にするすべでしょう。

    更新情報